ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

サピックス(SAPIX) 入室テスト 自己採点結果

サピックスのウェブサイトにログインしてマイページを見ると、すでに息子の回答用紙がスキャンされて、上がっていました。いまの塾って進んでますね。

f:id:kanouk:20141125142600j:plain

解答をもらってきていたので、熱いコーヒーを入れて飲みながらゆっくり採点していきます。

 

まずは算数から。

計算問題は大体できてましたが、推理の問題がほとんど全滅。。やり方を教えていないので仕方ないのですが、これは結構痛い。結局、88点満点中64点で、正答率72%。うーん、これは平均より良いのか悪いのか。ネットで調べてもまったく情報が出てこないのでよくわかりません(笑)

次に自信満々の国語

漢字で2問間違い。記述問題の書き方も指導していないので幼いです。。ただ、それ以外は大体できていて、102点満点中81点で、正答率79%でした。(記述式は採点基準がわからないので厳しめにつけました。)

ということで、全体で190点満点中145点、正答率76.3%になりました。

レベルが高いと噂のサピックスなのでちょっと不安にはなりますが、まあなるようにしかならないので、明日の結果・基準点の発表を待ちたいと思います。どきどき。

 

その他の中学受験ブログはこちら