ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

四谷大塚リトルオープンテストの個人成績表をもらってきました

先日、家に届いたものは点数だけだったので、四谷大塚の校舎まで行って個人成績表をもらってきました。

f:id:kanouk:20141210221333j:plain

結果は…

算数: 57点(偏差値 46.3)
国語: 86点(偏差値 59.6)
合計: 143点(偏差値 54.3)

となりました。

初の偏差値40台だったのもあり、息子なりにショックを受けていたようでした(笑)

私からは、偏差値や順位についてはあまり気にせず、苦手分野の認識ができてラッキーだね、と伝えました。そうしたら、今夜は苦手な推理の分野を克服したいと思ったのか、パズルのドリルをせっせとやっていました(笑)

算数と国語を同時に伸ばすパズル 初級編

算数と国語を同時に伸ばすパズル 初級編

まだまだテストの結果についてはあまり気にしていませんが、息子なりの消化の仕方をして、行動につなげるように促していきたいと考えています。