ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

SAPIX(サピックス)新4年生 3月度組分けテスト結果

しばらく間が空いてしまいましたが、サピックスや受験はまだあきらめたわけではありません(笑)大量の家庭学習とプリントに親子共々忙しくしていたら、いつの間にか1ヵ月たってました。最近時間が経つのが早いです…。

さて、本日は先週の組分けテストの速報がでていましたね。

結果は、

f:id:kanouk:20160312000654p:plain

となりました。

息子史上いちばん偏差値がいい結果になりました。 本人もとっても喜んでいました。

苦手の算数がいつもよりできたのがよかったようです。本人に聞くと「大問5」が宮本先生の四則演算パズルっぽくてスラスラできたよーとのこと。どうせボケっとするならせめて、、と去年一年間すきま時間にコツコツ終わらせた成果が出たみたいです。

このシリーズです↓

宮本算数教室の算数脳パズル かけ算 初級 (宮本哲也先生の“算数脳パズル

宮本算数教室の算数脳パズル かけ算 初級 (宮本哲也先生の“算数脳パズル"シリーズ)

確かにこのパズルに慣れると、数字を見るだけで因数分解を始めとした数字の分解が自然に頭に浮かぶようになるので有用なこともありますね。

いまはα3のクラスで勉強していますが、ひとつでもクラスが上がれば息子も自信がつくと思うので月曜日に期待したいところです。