ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

SAPIX(サピックス) 4年生 8月度マンスリーテスト まであと1日

ずいぶん久しぶりになってしまいました。

ここ数ヶ月、日々の忙しさに埋没してしまいました。

前回の日記が3月の組み分けテストの結果待ちのところだったので、
実に5ヶ月ぶりの更新です。

3月から〜いままでをサピのマイページを見ながら思い出すと、、

α3
↓ 3月組分け
α1
↓ 4月マンスリー
α4
↓ 5月マンスリー
α1
↓ 6月マンスリー
α1
↓ 7月組分け
α1

みたいな感じで推移しました。

3月の組み分けで偶然得意な問題が出て
はじめて念願のα1に上がった後、
わかりやすく慢心し(笑)、次のテストで3クラス落ちを経験しました。。

それが本人的に相当悔しかったようで、
それからはクラス落ちしないように(それなりに)一生懸命勉強しているようで、
ここ数ヶ月はなんとか上位クラスで安定し始めたかな… というところです。
(まだまだかなり不安が残りますが)

息子はバランスタイプのようで、
突出した科目はなく、全体的に偏差値60ちょっとの成績をとるため
全体としては65前後に跳ね上がっていることも
なんとか維持できているポイントのようです。

明日は夏期講習の成果が問われる8月度マンスリーテストということで
今日も追い込みをかけていたようです。(基本放置)