ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

全国小学生統一テスト 自己採点結果

昨日の全国小学生統一テストですが、間違い直しのため、さっそく自己採点してみました。

 

結果は、

 

算数 112
国語 135
理科 92
社会 84

合計 423

 

となりました。

 

事前に本人に予想点数を聞いたところ、

 

算数 110
国語 130
理科 85
社会 90

合計 415

 

という感じだったので、意外にもそこそこ正確に予想していたようでした。これから毎回予想点数を確認して、本人の見積精度を上げていければと思います。

 

ただ、本人が目指していた決勝レベル(460〜くらい?)にはほど遠く、全国レベルの高みを感じているようです。

 

今回はとにかく算数の弱さが目立った試験となりました。時間がなかったらしく、大問6と7をまるまる落としていました。実力の底上げだけでなく、スピードも意識していかないと次の壁を越えるのは難しいなと感じました。

 

まずは、時間をかければ解けたのかどうかを確認して、次の強化ポイントを決めていきたいと思っています。

 

 

いま読んでいる本

良問揃いとのことなので、算数の底上げに半年くらいかけて少しずつ解かせようかと考えています。

必ず解きたい算数の100問 2017年 06 月号 [雑誌]: 中学への数学 増刊