ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

やる気がないときはストーリーで動かす

息子、引き続きやる気停滞中です(笑)

 

どうせやる気がないならということで、かなり久しぶりのテレビを見せてみました。

 

なら≒デキ|テレビ朝日

 

スーパー小学生とプロがいろいろな分野(水泳やアーチェリーなど)で対決するというもの。

 

同年代がテレビに出ていて、しかも圧倒的な技能でプロと渡り合っている姿を見て、かなり刺激を受けていたようで「僕はいまは勉強しかないな…」とボソッとつぶやいていました。

 

「人は論理では動かず、ストーリーで動く」とはよくいいますが、うるさく正論で叱るよりも、やる気の出るストーリーをテレビや漫画でたくさん見せた方が実は効果的かもしれませんね(笑)