ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

SAPIX(サピックス) 5年 7月度 組み分けテスト 一週間前/間違いノート

5年生にもなると、ひとつテストが終わればすぐに次のテストと、まったく落ち着く暇がありませんね。6年になったらどうなるのでしょうか。。

 

さて、7月の組み分けテストまで一週間を切ってしまいましたが、今回は特別な勉強をせず、最低限の家庭学習を淡々とやっているようです。(基本放置です)

 

いろいろな本や先生の話などでたびたび出てくる「間違いノート」というのを息子は作っていなそうなので、今週は通常の家庭学習に加えて、過去に遡り、間違いノートを作ってもらおうと考えています。

 

自分の間違いを受け止めてポジティブに捉えるのは、小学生男子には無理だと思っているので、どうやってモチベーションを持ってもらうかを考え中です。