ど素人両親と小5長男の難関中学受験チャレンジ日記

中学受験をまったく経験したことのない両親と小5(2019年受験)の息子が、無謀にも難関中学を目指そうと決意してしまいました。…ですが、両親ともに中学受験のど素人のため、知識も経験も知り合いもまったくなしの状態です。なので、教育系や心理学系の書籍や論文などを読み解きながら、少しずつ教育方針を作ろうと試行錯誤。その軌跡(ログ)になります。

SAPIX(サピックス) 5年 7月度 組み分け・入室テスト 自己採点結果

遅ればせながら自己採点をしました。

 

算数・理科・社会はいつも通り。

国語が大幅ダウンとなりまして、なんと100点を下回ってしまいました。いつもは120-130点で得点源の国語だっただけに、息子もかなり落ち込んでいました。

 

問題を見ていないのでなんとも言えませんが、いつもは選択問題をほぼ外さないのに、今回は結構間違えていたので、よほど迷わせるような問題が出たのかもしれません。そう信じたいです(笑)

 

とはいえ、難関中学を目指すのであれば、与えられた文章から論旨(説明文)や気持ちの変化(物語)を正確に読み取り、選択肢の文章の単語レベルまで注意を払い、論理的に自信を持って回答することが必要です。

 

中途半端な理解だと、問題作成者にコロリとやられてしまうよ、ということを教えるのにちょうど良い機会になったと思います。

 

あらためて浜学園の先生による名著と、

 

中学入試 国語 読解問題なんかこわくない: 誰でもつかえる読解テクニック

中学入試 国語 読解問題なんかこわくない: 誰でもつかえる読解テクニック

 

 

 

捉えどころのなさそうな物語文の「気持ち」をロジカルに読み解けることを目指した以下の本を一緒に読んでみようと思います。

 

中学受験国語 「気持ち」を読み解く読解レッスン帖 (Yell books)

中学受験国語 「気持ち」を読み解く読解レッスン帖 (Yell books)

 

 

今回は夏期講習のクラスを決める大事なテストでしたが、数ヶ月続いていたスランプへのショック療法としてはなかなか効果的だったように思います(笑)